ぼくが、わたしが活動を始めた理由

伝統技術の素晴らしさを広く伝えてのイメージ写真
ぼくが、わたしが活動を始めた理由

伝統技術の素晴らしさを広く伝えて

一般社団法人勧進プロジェクト代表 芥川英祐

高校生の時、宮大工になりたいと思い、奈良で修業をしました。帰岡後は文化財建造物木工主任技術者の資格を取得、国宝修理から復元まで様々な現場で経験を積み重ねています…

知る
2022.04.27
地域の課題と生態系を考えるきっかけにのイメージ写真
ぼくが、わたしが活動を始めた理由

地域の課題と生態系を考えるきっかけに

建部獣皮有効活用研究所・代表 頼本ちひろ

野山を自由に駆け回っている野生生物。人と同じ命ある存在ですが、増えすぎてしまったことで、田畑を荒らし草木を食べ過ぎてしまうという問題が起こっています。 数を調整…

知る
2022.04.27
〈あったらいーな〉を企画実現するためにのイメージ写真
ぼくが、わたしが活動を始めた理由

〈あったらいーな〉を企画実現するために

NPO法人いーなプロジェクト代表・谷本尚子

私は三人の息子がいます。中でも長男は軽度の広汎性発達障害があり、何の知識もない私はずいぶんと思い悩んだ時期がありました。なぜ、この町には通級がないんだろう?なぜ…

知る
2022.04.13
高校生と社会をつなぐボランティア人材の育成のイメージ写真
ぼくが、わたしが活動を始めた理由

高校生と社会をつなぐボランティア人材の育成

La puerta代表・徳田敦之

人との関わりに苦手意識を持つ高校生に対して、社会関係資本を築く経験を提供することで、人や社会と関わることへ肯定的になることを目指すとともに、就職後に悩んだ際に相…

知る
2022.04.13
身近な『食べる』が自然と直結していることを体験のイメージ写真
ぼくが、わたしが活動を始めた理由

身近な『食べる』が自然と直結していることを体験

エディブル・エデュケーション岡山研究会代表・田辺綾子

自然に配慮した持続可能なスタイルの食育菜園を学校教育の場に取り入れ、菜園をハブに地域と学校の新たなコミュニティづくりを目指すとともに、食育菜園授業(エディブル・…

知る
2022.04.01