福武教育文化振興財団

ホーム > その他の事業 > 国吉康雄 A to Z

国吉寄付講座について

岡山大学教育学部に寄付講座「国吉康雄を中心とした美術鑑賞教育研究講座」開講にあたり30周年記念事業として寄付いたしました。
この講座は、岡山の生んだ世界的画家である国吉康雄の作品や画業と生き方を研究し、地域の芸術・文化資源を活かした先進的な美術鑑賞手法の開発と実践教育を実施していきます。寄付講座を通して、地域のコミュニティと地域文化の創造的発展に寄与する人材を育成し、地域に貢献することを目的としています。本講座により、岡山発の美術鑑賞教育プログラムが開発されることを期待しています。

YASUO KUNIYOSHI A to Z

国吉や作品にまつわるコラムをA to Z形式で更新します。

安眠を妨げる夢
C

Caseinカゼイン

「安眠を妨げる夢」 | 1948年 | カゼイン、石膏パネル | 50.8 x 76.2cm | 福武コレクション蔵
更新日:2018.5.15 執筆者/江原久美子

国吉康雄はさまざまな技法を使って絵を描いた。鉛筆やインクでの線描、リトグラフなどの版画、数は少ないがパステル画や水彩画もある。メインとなるのはやはり油彩画だが、1930年代後半から1940年代にかけて積極的に取り組んだのがカゼイン画である。「私は油彩の次にカゼインが好きだ」と彼が書き残した手記が残っている。
カゼインとは、牛乳から抽出したタンパク質の一種で、食品として利用されたり、固めてプラスチック状の素材として使われたりする。このカゼインを顔料(がんりょう)と混ぜたものが、カゼイン絵の具である…もっと見る

国吉康雄についてのお知らせ

  • 2018.05.15 栃木県立美術館(宇都宮市桜4-2-7)で「国吉康雄と清水登之 ふたつの道」開催中〜2018年6月17日。月曜休。

関連リンク

国吉関連の外部リンクです。

国吉康雄プロジェクト
岡山大学寄付講座
クニヨシパートナーズ
出石国吉プロジェクト